Monthly Archives: 4月 2015

車の査定で重要な要素としてすぐ思いつくのは車種やグレードや年式です。

例えば同じ年式で車の状態など大体同じ程度でも、人気車種と不人気車種では査定額が大きく違ってきます。

購入するときはあまり差がなかったのに、売却するときには大きな差がついてしまいます。

中古車市場は需給で成り立っているので、どうしても人気車に有利になってしまうのです。

車種だけでなく、車のボディーカラーにも人気色があります。

白と黒とシルバーが安定した人気と需要があるのです。

テレビのCMに出ていた車のカラフルな色に引かれて購入したという人が時々います。

でも実はカラフルな色の車は中古車市場では余り人気がありません。

従って価格も白や黒より低くなります。

車の色に特にこだわりがなければ、最初から無難な人気色を買っておいた方がお得だといえます。中古車高価買取にあとあと出そうと考えているなら無難な色がいいということです。

査定では走行距離も大事です。

車の平均年間走行距離は1万キロで軽自動車で8千キロ位が基準となります。

この基準距離よりも長く走っている場合は査定が低くなります。

逆に下回っていればプラス査定になる可能性があります。

ただ車はある程度動かさないとコンディションが悪くなります。

なので余りに走行距離が短いのもマイナス評価になるので、もし距離が足りない場合は査定を受ける前に走らせて距離を伸ばしておくのも1つの方法です。

足回りでは、タイヤのホイールの状態やマフラーの状態やオイルの漏れやにじみなどを重点的にチェックします。

各パーツのキズや錆などの痛み具合も点検ポイントとなります。

査定ではエンジン周りも細かくチェックされます。

バッテリーの状態やエンジンオイルの状態や改造パーツの有無なども調べます。

エンジンに異音がないかや、修復暦がないかなども詳しく点検します。

エンジンのオーバーホールをしたときは査定士に積極的にアピールしておきましょう。

結構プラスポイントになる場合もあります。

中古車の査定ポイントは本当に多岐に渡ります。

重点ポイントだけでもかなりの項目があるので、それらを総合的に評価して査定価格が算出されるのです。